新年明けましてお寺神社巡り~正院編

新年明けましておめでとうございます。

 

去年12月からオープンしたムイネーも早一ヶ月が経ち地域の人々に助けられながら何とか一カ月過ぎました。

 

正月に福梅に対抗して作ったふくまるも発売は遅かったけど無事完売してホッとしています。

 

そんなこんなで商売を始めたので人生はじめて元日に初もうでに行きました。

 

正院には昔お城があったらしく家の近くはお寺や神社が密集していて徒歩15分ですべて回れるくらいです。

 

 


 とりあえず出発前に店の前で記念撮影

 

姉カメラマンに撮影してもらいました。

 

店の前で写真を撮るのは初めてです。

 

昨日は飲みすぎ食べすぎで顔がパンパンです。

 

看板のムイネーの扇は末広がりの意味がこめられており

xin chao (シンチャオ)はベトナムの挨拶でこんにちは

でという意味です。

 

初めはsuzu ムイネー okada と

書いてあったのですが恥ずかしいので却下しました。

 

 上の長いスペルはフランス語で焼き菓子を意味しています。

お父さんと縁があるとある画家さんがデザインしてくれました。

店の奥の絵もその人から寄贈してもらったものです。


 

 

 

小銭にイッパイ握りしめ神社お寺巡りが始まります。


 

初めに訪れたのが千光寺

 

店を始めるまえに地域の人たちと一度訪れた場所です。

 

ここのお寺にはこんぴらさんが祀られており海上交通の守り神とされており蛸島の漁師さんたちが漁に出る前に

お参りにくるそうです。

 

中も立派でデカイきのこが生えているいるのに驚かされました。

 

住職もやさしい人で色々教えてくれました。

 

奥さんはアンサンブル金沢のマネージャーだった人で

ピアノが置いてありました。

 

一曲聞きたかったけど元日だから疲れも溜まってそうだったのでまたの機会にお願いしたいと思います。

 

お屠蘇ごちそうさまでした。


次に立ち寄ったのが本住寺

 

千光寺から道を挟んで反対側にあるお寺で春になると

しだれ桜が綺麗なお寺です。

 

東伯の絵があるらしいのですが入ってみたら誰もいなかったので賽銭を入れてお参りして帰ってきました。


本住寺をでて徒歩旧線路沿いを徒歩5分

 

着いたのが高福寺

 

こちらの奥さんが店に買いに来てくれたそうで挨拶をしたかったんですが皆さんお疲れのようでお寺の中はシーンとしていました。

 

賽銭を入れてお参りして帰ってきました。

 

木には電飾が施されていたので夜になると綺麗なイルミネーションが見れそうです。

 

高福寺さんご来店ありがとうございました。


次は神社です。

 

高福寺から線路沿いを戻り線路をまたいで徒歩5分の大きな神社です。

 

須受八幡宮と言う名前を初めて知りました。

自分の中では正院神社だったからです。

 

宮司さんは高校の時の先生でしたw

 

お疲れの様子だったので話しかけるは遠慮しました。

 

賽銭を投げてお参りをしていたら中に羽黒神社の宮司さんが出張していたので羽黒神社で神楽してもらえないとお願いしたら快く引き受けてくれました。

 

秦先生ゴメンナサイ


最後にムイネーから一番近い神社羽黒神社に着きました。

宮司さんは先回りしてもう神楽の準備終えてすぐに始められる状態でした。

 

地鎮祭からお世話になっている神社でベトナムとも縁のある神社で凄く縁を感じています。

 

羽黒神社の宮司さんには本当によくしてもらっていて店の宣伝や歴史のことなどいろいろ世話になっています。

 

ブログもやっていてムイネーのことも度々取り上げてくださり本当に感謝感謝です。

 

ムイネーのブログよりムイネーのことが詳しく書いてあるので良かったら見てね。

 

羽黒神社宮司ブログhttp://ameblo.jp/hagurotetsu/entry-12114301513.html

 

 

 

 

素敵なおみくじがあったので引いてみました。

 

 

 

天然石おみくじってどんな石が入っているんだろうか?

 

 

見たらコレぜったいやるよね。

 

末吉~微妙~

いっぱい仏閣を回ってご利益を得ようとした下心がばれてしまってたんですね。

 

心にズキズキささることが書いてあったので気をつけたいと思います。

 

ピンククオーツが可愛いのが救いなのかもしれませんね。

 

実は来る前に千光寺でもクジ引いていて末吉でした。

文面も同じようなことが記載されていたので

気をつけたいとおもいます。(T_T)

 

みなさんも正院のお寺神社巡りしてみてくださいね~京都へ行くより身近でたのしめるはずお土産はもちろんニヤリw

 

今年は飛躍の年になるように頑張りたいと思います。

ご愛読ありがとうございました。