能登のはしっこ珠洲市にて

日本初本格ベトナム菓子とバウムクーヘンの店

 

奥能登の珠洲市の田舎にて夫婦で営むお菓子屋です。日本人の主人パティシエは「バウムクーヘン」をメインに洋菓子を手掛け、ベトナム人の妻パティシエは故郷の味を求めるベトナム人やベトナムにゆかりのある方に日本で初めてとなる「ベトナム菓子」を作って提供しています。すべて手作りで地元食材を取り入れるよう心がけております。いつの日かこの田舎の地がベトナムにゆかりのある地として人々が集う日を夢見て今日も一日頑張ります。

 

最新情報はフェイスブックから発信しています。

Patisserie Mũi  Né

石川県最北端の珠洲市にて洋菓子とべトナム菓子を夫婦で販売しております。

ムイネーの由来は新婚旅行で訪れたときに見た、オレンジ色の砂丘がずっと心に焼き付いている思い出の場所で開店するにあたり店名に使わせていただきました。

なぜ?ベトナム菓子

なぜこんな田舎でベトナム菓子をやろうと思ったのか?

よくお客様に聞かれます。人口が少ない田舎だからこそ他には無いものを作りたかった。日本ではベトナム料理屋はイッパイあるがお菓子を作っている店は一つも無かったが一つ

 そしてもう人一つは日本に住んでいるベトナム人が、輸入のお菓子ではなく美味しく安心して食べれることができ、日本でお世話になった方々へ故郷の味でお返しできる美味しいベトナム菓子を作りたいと願う妻の思いが大きかったのがすべてです。

 

バウムクーヘン

修業時代培ったバウムクーヘンをムイネー独自配合にて能登では初となるソフトタイプのバウムクーヘンやガトーピレネーなどを珠洲の塩やこだわりの国産小麦粉・バターなど厳選素材を使用し生地づくりから一つ一つ丁寧に焼き上げました。店内からバウムクーヘンの製造が見学でき焼きたてのバウムクーヘンも試食ができ、来客したお客様にはハスのお茶でおもてなしいたします。

 

ショップでもご購入できます。

 

 

 

 


更新状況


2016/12/19オンラインショップでの3匹のすずこぶたの販売を開始しました。

2016/12/19オンラインショップでのJCB、AMEX、DinersClubカードでの決算ができるようになりました。

2016/11/21オンラインショップでのVISA・Masterカードでの決算ができるようになりました。